コンビニにある小説も馬鹿にできない

旅行に行ってきたのですが、移動時間がすごく暇だったので何か暇を潰せるものがないかコンビニで探していると小説を見つけました。今までコンビニに置いてある作品なんて読むこともなかったのですが、時間を潰すくらいにはなるかなって思って購入しました。そして、移動中に数冊読んでいたのですが、意外に面白くて驚きました。コンビニの作品なんて大したことないだろってずっと思っていたので新しい発見でした。
ただ、よく考えればコンビニに置いてある作品って面白くて当たり前なのかもしれませんね。私がもし店長ならどんな年代にも受けそうなものを置くと思います。お店に来る人は年齢層が幅広いですからね。さらにリスクをなくすためにできる限り、面白い話をピックアップして置きます。これは在庫になるのを防ぐためです。在庫になってしまうと赤字になっちゃいますし。そう考えると当りの小説が多くて当然なのかなって思えてきました。いつも何気なく眺めていただけだったので、じっくりと見たことがありませんでしたが、これからはどんな小説が置いてあるのかチェックしたいと思います。お店によって置いてあるものも違うと思うので、店長の好みとかも分かるかもしれませんね。

小説家になりたい友人

私の中のいい友人に小説家を夢見ている人がいます。もうかれこれ10年くらい目指しているんじゃないでしょうか。色々なコンテストに応募したり、出版社に持ち込みしたりしてプロになるために頑張っています。何かの賞を受賞した経験もなくて、実績はなにもない人ですが、その友人の作品は非常に面白いです。恋愛小説がメインなのですが、とにかく泣けます。泣かせるポイントをよく知っていて、毎回読んでわんわん泣いています。
この間も作品ができたと言っていたので、読ませてもらったら感動してしまって気づいたら泣いていました。すごくいい話なので絶対に面白いと思うのですが、それでもなかなかコンテストとかで入賞は難しいみたいです。どれだけハードルが高いんでしょうね。正直、その友人が書いた小説なら500円くらいお金を払ってでも読みたいです。もちろん、ひいき目なしで。
そんな面白い本を書ける人でもまだプロになれていないので、本当にこの業界は成功するのが難しいんだなってつくづく思います。他の人が認めなくても私はこの人を認めているので、どんどん新しい本を書いて欲しいです。今のまま頑張っていたらいつになるかは分かりませんが、絶対に成功するはずです。

しおりへのこだわり

小説を読む時に絶対に必要になるのがしおりです。さすがに一気に全部読むのはきつすぎます。みなさんもどこまで読んだのか分かるようにしおりを挟んでいると思いますが、何かこだわりってありますか?私はそれなりにこだわりがあります。探せばオシャレなタイプや可愛いタイプ、ユニークなタイプなど色々あるので、読書意欲を高めてくれます。昔集めるのが好きで、もう相当な数を持っています。しばらく数えていないので正確な数字は分かりませんが、50個くらい持っているはずです。お気に入りはリボンのタイプです。女性に人気みたいですが、その気持ちは凄く分かります。めちゃくちゃ可愛いです。センスもよく見えるし、本棚に並べた時のビジュアルが素敵です。
そして、外出先で読む時にいつも持ち歩いているのがゴールドメッキのしおりです。ちらっと見えると上品に見えませんか?それを狙って使っています。大人っぽいし、この人はなんか違う!と思わせることができるので私のお気に入りです。友達からは狙い過ぎと言われますが、格好つけたいから続けますよ。色々な種類を持っているとその作品の雰囲気に合わせて使えるので、たくさん持っていても困ることはないアイテムです。

児童向け小説も馬鹿にできない

最近、友達から小説を借りたのですが、これが意外に楽しくてハマっています。その作品とは児童小説です。「面白いの見つけたから貸すね」と言われて受け取ったのが児童小説だったので最初はがっかりしました。さすがに今さら読んでも楽しめないだろうって思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。2冊借りたのですが、1冊はドキドキワクワクで、もう1冊は感動で涙がポロポロこぼれてきました。子供向けの作品でここまで感性を揺さぶられるとは思ってもいませんでした。
ふと思ったのですが、そういえば児童小説から映画になったものもたくさんありますよね。それを考えると大人が読んでも面白いと感じるのは当たり前なのかも。友達から借りて読んでから、本屋に行くと児童小説コーナーが気になるようになりました。面白そうな本がいくつかあったので、図書館に行ってないか探してみます。買ってもいいけどあまりお金を使いたくないしね。借りれるものは借りた方がいいというのが私のポリシーです。今ならネットで予約もできるし、前よりも図書館が便利になりました。全然昔のイメージと違うから、暇な時に行ってみるのもいいと思いますよ。私は来週あたり行ってみる予定です。

趣味は堂々と「読書であります!」

「読書の秋」と言いますが、私にとっては季節を問わず「万年読書」であると言えます。暑い夏でも額に汗して読書、寒い冬ならコタツで丸くなり読書、年がら年中読書なのであります。無難になんとなく「趣味は…読書かな?」ではないのです。全力で「趣味は読書!!」なのです。
そう言えば、両親も祖父母も本が好きでした。川の字の真ん中のポジションで寝ていたのですが、右側では父が難しそうな本を読んでいましたし、左側では母が海外のミステリーを読んでいました。祖母は園芸関係の本を定期的に注文して眺めていたし、祖父はどうやら時代物の分厚い小説がお気に入りで、「こういう侍が漢(おとこ)だ!今の若いのは皆女々しすぎる!」と、一人熱くなっていたのを覚えています。なるほど、今思えば我が家は皆、漏れなく本好きだったようです。
そんな読書一族の私の古い記憶に、今も印象的に残っているのが「星の王子さま」です。母がよく寝る前に読んで聞かせてくれていました。星にたった一人で住んでいる王子さまが、なんだか子供心にとても不憫に思えたものです。ウワバミが何かを飲み込むシーンでは、母の演技力のせいかとても怖かった!挿し絵を見せてもらい更に恐怖倍増でした。
この「星の王子さま」、大人になってから自分で読んでみたのですが、なんだかあの頃のドキドキが薄れて、「あれ?こんな感じだったっけ?」と実は拍子抜けしました。あの頃よりも成長して精神的にも大人になったことと、母が読んで聞かせてくれたというのが子供の頃の私にとっては大きかったのかもしれないですね。
今と昔では好みのジャンルが変わり、また、幅広く色々な本を読むようになり、「本友達」なる存在も出来たお陰で、堂々と「私の趣味は読書であります!」と言えるようになりました。かくなる上は、自分の子供たちにも色々な本を読ませて新たな読書一族を作っていきたいと考えているのですが、活字嫌いの旦那を引き込むことには今のところ失敗しているのでした。

好きな小説のジャンルの変化

私は昔から本を読むことが好きしたが、好みのジャンルは年齢や状況によって変化しているように思います。
学生時代は、ファンタジー的要素のある内容が好きでした。ちょっと不思議な、ちょっと現実離れしたような内容の文庫本を夢中になって読んでいたような気がします。ドキドキわくわくというより、なぜか心が温まり、小さい頃の思い出をふと思い出すきっかけになったり。ファンタジーな物語に癒されていました。
しかし時が流れ、仕事や家事が中心の生活になると、ファンタジー的要素が強すぎる内容の本は途中で挫折することが多くなりました。日々の生活に追われていると、より現実的なものを求めるように。フィクションではあっても、自分に置き換えて想像することが出来る内容であったり、身近に起こり得るであろうものを読むようになりました。普通の家庭に見え隠れする家族の闇や、心の描写が複雑に描かれている内容のものを多く読んでいたような気がします。
その後なぜかハマったものはホラーやオカルト、ミステリーなどの分野です。二転三転する物語や、恐怖の連続なんかが面白くてたまらない!!この手の小説は随分読んだのではないでしょうか?単調な日々の暮らしに無い刺激をこういった小説から吸収していたのかもしれませんね。

継続できるその力

何かを続けるということはとても大変です。ダイエット、勉強、運動など続ける事が必要とされるものに挑戦するとき、そのやる気を維持する為に何か特別な事はあるのだろうかと考えてみました。ダイエットはいつも空腹と食べたいという欲求との戦いが続き、いつも挫折してしまいそうになります。でも、ダイエットこそ継続して何ぼのもの。一日二日で痩せるという物ではありません。とりあえず前向きになって、綺麗な服を着ている自分を想像したり、あの服を着てみたい、憧れのモデルさんや俳優さんの写真を見たりして、食べたい欲求に打ち勝つなんていうのはどうでしょうか。勉強をこつこつ続けるのもとても大変です。たまの休息も必要ですが、人間の頭は一度覚えたからといって忘れないようにできてはいません。同じ事を繰り返してこそ覚える事が出来るの物です。色んな本を読んで問題を解いて、少しの時間でも毎日こつこつすることに意味があると思うんです。最終的には、自分に自分は出来ると言い聞かせる事もとても大事だと思います。あとは前に失敗した事があったなら、その悔しかった事を思い出してその悔しさをバネにがんばることもできます。継続は力なり、強い意志を持てるかっこいい女になりたいですね。

科学と技術が導く私達の未来

子どものころ魔法使いに憧れて、きっと人間はいつか魔法が使えるようになるものだとばかりだと思い込んでいました。テレビやマンガで見るかわいらしい魔法使いの魔法グッズを買ってもらったり、もちろん友達と魔法使いごっこをしたり、そんなかわいい時代がだれにでも一時はあったと思うんです。ファンタジー小説やドラマ、映画やゲームなんかを見ていると余計そんな日がいつかくるんじゃないかと期待を膨らませてしまいます。それが魔法でなくても、今は無理な事でもこれから100年先、300年先と時を重ねていったら、今の科学で無理な事がいつかは出来るようになるかもしれない。そんな夢を抱く事もできます。現実、スティック一振りで日本から海外に行くことは不可能だし、そんなことわかっているけど、なにか可能な物が出てくるんでは無いかと思っています。夢を抱くのはただですから。科学と技術、頭のいい人がでてきたら何かを可能にしてくれる、今までもそうだったようにきっとこれからもそうなるんだと思います。私達が生きている時代だけでも随分大きな変化を遂げています。新幹線が出来たり携帯ができたり、メールを送れたりなどなど。そのことを考えると、これからの世界が抱く可能性は果てしなく大きいような物の気がします。

自分が見ていた大人たち

どこからが大人で、どこまでが子どもなのかなんてあんまり深く考えた事なかったけど、自分が想い描いていた大人ってもっと「大人」だと思っていました。年齢的には法律的でいうと20歳で成人だけど、「大人」と「子ども」の区別ってそれだけでは無いとおもいます。どんな生活をしてきたのか、どんな経験をしてきたのか、どんな感情をもって過ごしてきたのか、人との付き合い方はどうだったのか、どんな事を学んできたのか、大人と子どもの境目はいろんな所であると思います。年齢に伴う考え方、いろんな種類の本を読んで知識を増やす、年上の人に混じって生活してきた人は周りの人と比べるとどこか大人びている気もします。自分が思っていた大人とは、気持ちがどんっと座っていて、問題に正面から立ち向かい、人との付き合いも上手くお酒も飲める、その上ばりばり仕事しててかっこいいだんなさんか彼氏がいる、みたいなのだったけど、大人といわれる年齢になってもあまり変わってない気がします。色んな辛い経験により、前より傷つきにくくはなったかもしれませんが、気持ちはどんっと座ってないし、問題と立ち向かうのはいつも大変だし人付き合いも大変です。でもきっとこうやって「大人」になっていくんだろうなと感じています。昔自分が見ていた「大人」の人たちも、きっとこんな思いを抱いていたんでしょうか。

美味しく続けられる健康法の秘訣

体にいい物を、せめて一日一つは摂取できるように気をつけるようにしています。海藻類、わかめやひじき、昆布などを取り入れたり、野菜類はもちろんサラダにしたり温野菜にしたりして、たくさんの量を食べやすく出来るよう工夫しています。後は豆類とか。高タンパク質でカロリー控えめなのでダイエットにもいいし健康食品としてもいいと思います。大豆を取り入れた煮物を作ったり、ひじきと大豆の煮た者、サラダにゆでた豆を混ぜたりして食べます。一番良く食べるのは豆腐です。おなかの持ちもいいし温かくても冷たくてもおいしく食べれるので重宝しています。冬場はお鍋にして野菜と共にたっぷりいただく、夏場は冷やっこで上にきのこ類を乗せたりして食べます。良く行く本屋のすぐ側に、おいしいお豆腐を売ってる所があって頻繁に利用させてもらってます。お酢も体にいいですよね。酢の物で取る事がほとんどですが、黒酢を飲んだりすることもあります。体に良いと言っても、無理に詰め込むのはつらいですから。なので、美味しく自分が進んで食べたいと思える取り方で食べています。その方が長続きします。すぐには見れない変化だけど、きっと長い目で見たとき自分にとってそんなことでは無いと思うので継続していきたいです。